毎回通院出来ない人が行う在宅医療とは

もう一つの治療のカタチ

患者さんの意思を尊重できる治療形態

患者さんの自宅に医師が訪問して治療にあたる在宅医療。そこにはどんな人たちが関わっているのでしょうか。 一口に医師と言っても、その専門は多岐に渡りますし、患者さんの状態によって必要とされる医師も変わってきます。個別の対応が必要な在宅医療ではどのような体制で患者さんを支えているのでしょうか。

患者さんにとっての在宅医療のメリットとは

在宅医療は、通院や入院ができないために仕方なくとる治療形態ではありません。そこには、通院や入院では享受できないメリットがたくさんあるのです。 自宅にいるという安心感、慣れた味の食事。精神的な余裕が生まれることで、治療環境が整いやすくなるのです。

家族も治療チームの一員

在宅医療という選択肢を取ることは、患者の家族にそれなりの負担と覚悟が求められます。 医師や看護師と一体となって、患者を支えるという意思のもとに、お医者さんと綿密な連携を取る必要があるのです。 24時間身近にいるのは家族です。家族にしかできないこともたくさんあるのです。

在宅医療に関わる人たち

在宅医療とは、読んで字のごとく、患者さんが自宅にいる状態で治療を行う医療の形態のことです。
普通、長い期間にわたって受診が必要な場合には、病院に通うか、入院することが多いわけですが、誰もができることではありません。足が悪くて外出が困難な方、いわゆる「寝たきり」状態の方、外出することで著しく体力を消耗してしまう方など、多くのケースが考えられます。
そのような患者さんにとって、お医者さんが自宅にきてくれて、治療をしてくれるというのはとてもありがたいし心強いことですよね。
在宅医療を利用するのは、このような「病院に行きたくても行けない」という患者さんばかりではありません。
病状が進行してしまい回復が難しい患者さんの中には、最期は我が家で過ごしたい、という方も大勢います。患者さんのご家族がそれを希望することもあります。在宅医療は、そのような患者さんの意思を尊重しつつ、お医者さんによる専門的なケアも実現してくれる、患者思いのシステムなのです。
一方で、のちに述べるように、在宅医療万能ではありません。患者さんの症状や必要な治療の種類によって、在宅医療という選択が適するときと適さないときがあります。それには、患者の意思だけでなく、周囲の人たち、特に家族の協力が必要です。どのような治療形態をとるべきか、多方面から冷静に考慮した上で、在宅医療という形を選択するのであれば、それは患者さんにとって素晴らしい治療の在り方になることでしょう。